1. クリニックにかかる事業継承およびM&Aの総合的アドバイス

  「クリニックの後継者が見つかったので実際に事業を継承したいがどこから手をつけていいのかわからない。」、「クリニックの後継者もこれから探したいが、信用できる縁故の紹介だけではいい引き継ぎ先が見つからない」など、クリニックにかかる事業継承(縁故、第三者を問わず)、M&A(合併、営業譲渡)のご要望がございましたら、ぜひ私どもにご一報ください。依頼主様の利益を最優先したスキームの構築、ご提案をいたします。

2.実際のサポート体制

  事業継承・M&Aはクリニックに限らず、当事者間の利害に直接影響する交渉事が多いため、直接当事者間で交渉を行うよりも、不動産の仲介のように第三者が間に入って、希望の条件などをリストアップしていく方が双方ともの条件を遠慮なくぶつけていただくことができます。またクリニックの運営に関することはもちろんですが、税務面、法律面で必ず決めておかなくてはならないことにも、仲介者(当社)が配慮して交渉にあたりますので、後に「こんなはずじゃなかったのに」といった不測のトラブルも未然に防ぐことができます。当社が仲介するに当たっては、専属の弁護士、公認会計士、税理士といった専門家の契約内容のチェック、税金の見積なども、行いますので一般に言われる仲介コンサルティング業者を介するよりも安心して手続きを進めていただくことができます。

3.サポートの手順

  実際に私どもがサポートさせていただく手順は以下の通りです。


  (1)売り手側、買い手側からの要望(クリニックの事業概況、金額、時期、地域など)をお聞きします。


  (2)双方と私どもの間で機密保持契約を締結いたします。(当初は交渉の相手方には匿名での交渉になり、ある程度、条件が合致したところで双方の同意を得て、詳細を開示いたします。)


  (3)クリニックの事業検証


  (4)実地面談(トップ会談)


  (5)基本合意書の締結


  (6)デューデリジェンス(買収監査)


  (7)譲渡条件等の調整


  (8)最終合意書の調印

 

 
TOP
このページを正常に閲覧するためには、最新のFlash Playerが必要です。
こちらからダウンロードしてください。